ステップ下鳥羽は、京都市総合事業の短時間デイサービスです。
2時間、3単位制で要支援の方および事業対象者の方々にサービスを提供しています。
定員は、各単位20名です。

短時間の運動を集中して行うことで、これまでと変わらない
日常生活を送っていただけるように効果的な機能訓練を行っています。

ステップ下鳥羽の特徴

安全で効果的に筋力強化できる
トレーニング機器の設置

理学療法士が利用者様の身体をしっかり把握した上で、個別機能訓練プログラムを作成・提供しています。施設には、どんな筋力の方でも安心してトレーニングできるように、負荷を自動調節できる高機能運動マシンを7台設置。マシンが運動スピードを自動制御するため、安全に運動することができ、効果的に筋力を強化できます。
また、座った状態で膝への負担がかからず筋力トレーニングおよび持久力トレーニングできるエアロバイクを3台設置しています。

摂食嚥下訓練器具エントレを利用した
効果的な口腔機能訓練の実施

健口体操に加え・摂食嚥下訓練器具「エントレ」を利用した口腔機能訓練を行っています。エントレを利用することで、唇、頬、舌の筋肉に適度な抵抗を与えることができ、口が渇く、むせる、飲み込みづらいなどの症状の予防・改善が見込めます。看護師の指導の下、行なっていただきます。いつまでも自分で美味しく食事を楽しみ、おしゃべりできる生活ができるようサポートをさせていただきます。

ゲーム感覚で認知症予防・改善ができる「脳ぽち」の導入

科学的データに裏打ちされた非薬物療法、タッチパネル式学習療法「脳ぽち」を導入、施設内に2台設置しています。
タッチパネルで簡単なゲーム感覚の学習をしながら、脳機能を鍛えることができます。
楽しみながら認知症の予防、改善に取り組むことができます。

機能訓練効果を出すために、
最適な職員の配置

来所後、看護師による血圧、体温、脈数の測定を行います。
異常無ければ、引き続き看護師による口腔機能訓練を行ないます。
その後、理学療法士や介護福祉士による準備体操の実施を経て、各種トレーニングを行なって頂きます
常に、看護師、理学療法士、介護福祉士が付き添い、安全に効果的に機能訓練が行える様にアドバイスをしています。

軽食および夕食の提供

2単位目のご利用者様には、到着後軽食を提供させていただいております。

送迎サービスの実施

ステップ下鳥羽職員による送迎サービスを行っております。安全性に問題無ければ、ご自分で散歩や自転車、バスなどで事業所まで来ていただく事も可能です。

機能訓練サービスの効果をしっかりと
引き出すための職員配置と協力体制

ステップ下鳥羽では、理学療法士・介護予防運動指導士・介護福祉士・看護師を常に配置し、2時間という短時間で効果的に訓練を行っていただけるようお手伝いしております。

また、ご自宅でも継続して運動していただく事が大切ですので、自主トレーニングの助言・指導も行っております。